アマゾン

2014年6月15日日曜日

Via futuro


 

Saluton ! Vetero en nunyara maro estas pli varma ol lastyara kvankan nu~nyara somero estus valmeta lau~ veterinformoj.
C^u ververe nunjara somero estos varmeta ?
Hhodiau~ mia rekomendanta libro estas 「しんがり」.
G^i estas la enhavo lau~ verajo.
La enhavo estas tio ,kio la komizoj havinta socia respondo de japana bilkompanio faris likvidatan oficon.
De kiam ilia kompanio faris misfaron ?
G^is kiam ilia kompanio povis inversiri ?
Kio estas kauzo ?
Kian agadon la aliaj komizoj faris post malestablo ?
Kian agadon ili nomita 「しんがり」 faris post fini likvidatan oficon ?
kaj kion 「しんがり」faras nun ?
Nun oni diras ke japanio estas bona konjunkturo.
Sed malbona konjunkturo necese venos.
Kaj tiu tempe c^itiaj personoj necesos.
Vi povus esti membro de 「しんがり」.
 
 
G^is revido !
 
 
こんにちは
今年はエルニーニョ現象で冷夏の予想にもかかわらず、5月としては熱い日が続きました。
本当に冷夏なのかなぁ?
今日紹介する本は

「しんがり」
-- 山一証券最後の12人 --






日本の証券会社の社員が自分の会社が破綻し、社会的責任を感じながらその後の清算処理に携わった、事実に基づいたお話です。
いつから会社は間違った事をしたのか?
いつなら引き返せたのか?
何が原因だったのか?
破綻した後の社員達はどうしたのか?
清算処理後の「しんがり」の人達はどうしたのか?
そして現在、「しんがり」の人達はどうしているのか?
このような経験をされた人はあまりいないと思います。
現在、日本は景気が良いという事です。
しかし、必ず不景気は訪れます。
そして、このような人達は必要です。
あなたが「しんがり」のメンバーになるかもしれません。
それでは
 
 

1 件のコメント: